伊藤弘之 Hiroyuki Itoh

​ 1963年生まれ。カリフォルニア大学サンディエゴ校大学院博士課程修了、博士号(Ph.D.)を得る。湯浅譲二、池辺晋一郎、ロジャー・レイノルズ、ブライアン・ファーニホウの各氏に作曲を師事。芥川作曲賞、ヌオヴェ・シンクロニー国際作曲コンクール第1位、シュティペンディエン賞(ダルムシュタット)などを受賞。これまでにサントリー音楽財団、紀尾井ホール・いずみホール、ミュージック・フロム・ジャパン、全音楽譜出版社、埼玉県立近代美術館、クラングシュプーレン音楽祭、リュームリンゲン音楽祭、コトブス州立劇場などをはじめ多数の団体や個人の演奏家から作曲委嘱を受けている。アルディッティ弦楽四重奏団、ディオティマ弦楽四重奏団、クラングフォルム・ウィーン、ニュー・アンサンブル、アンサンブル・モデルン、新日本フィル、東京シティフィル、神奈川フィル、いずみシンフォニエッタ大阪、東京シンフォニエッタ、アンサンブル・ノマド、アール・レスピラン、ネクスト・マッシュルーム・プロモーション、アンサンブル・コンテンポラリーα、クァルテット・エクセルシオ、東京混声合唱団、ヴォクスマーナなどの演奏団体や多くの優れたソリストたちにより、ISCM World New Music Days、ルツェルン、ガウデアムス、ダルムシュタット、ルーマニア、テグ、サントリーサマー、秋吉台、武生をはじめ国内外のさまざまな音楽祭やコンサートで作品が演奏されている。ミュージックスケイプとフォンテックから自作集CDをリリース、共に好評を得る。他に数点のオムニバスCDに伊藤作品が収録されている。全音楽譜出版社、JFC、リコルディ、Resolute Music Publicationsなどからいくつかの作品が出版されている。Cambridge Scholars Publishingから出版された自作論などもある。武生国際作曲ワークショップをはじめとする多数の企画にも長年たずさわり、武生作曲コンクール審査員(2007-2011)、芥川作曲賞選考委員(2013)、日本音楽コンクール作曲部門審査員(2018)、アンサンブル・コンテンポラリーα副代表、JML音楽研究所理事などをつとめる。2015年(東京オペラシティリサイタルホール)と2017年(ソノリウム)に「音楽の展覧会」(現代音楽の演奏と映像のコラボレーション企画)をプロデュースした。2016~19年には東京藝術大学非常勤講師をつとめた。現在、日本大学芸術学部および大学院教授。

 

音ヲ遊ブHP http://japanesecomposers.info

 

連絡先 hiroitoh@ebony.plala.or.jp

作品演奏予定  最終更新:2021年9月4日

●武生国際音楽祭 新しい地平II

2021年9月11日 15:00開演

福井県越前市文化センター大ホール

http://takefu-imf.com/2021mainconcert/

 

「夜の雲の色彩」(vn, vc, pf) (2021) 世界初演

 


●アンサンブル・コンテンポラリー・アルファ定期公演
2022年1月5日 19:00開演
東京オペラシティ リサイタルホール
https://www.contemporary-alpha.com

「ディスタンスィズ II 」(ob, vn, vla, vc, pf)  (2021) 世界初演